特定の状況では、Windows 11で自動ログインを使用することは、キオスクや実稼働環境など、タッチスクリーンやハンドスキャナーを介して操作されることが多い環境などで意味があります。 再起動時にパスワードを入力しなければならない場合は、非常に煩わしいでしょう。 また、Windows 11マシンにしかアクセスできず、パスワードを何度も入力したくない場合は、ログインを自動的に設定すると時間を節約できます。

一般的な使用法では、ユーザーがマシンにアクセスできるようにするためにシステムが要求する必要のあるパスワードを少なくとも1つ使用することを常にお勧めします。

Windows 11の管理者権限がある場合、追加のソフトウェアなしでWindows11の自動ログインをアクティブ化するために使用できる2つの方法があります。 1つはユーザーアカウントコンソールを使用する方法で、もう1つはWindowsレジストリを使用する方法です。ここでは、両方の方法について説明し、それらの使用方法を示します。

Windows11で自動ログインを有効にする

要件

•Windows11または10
•管理者ユーザーアクセス

You may want to know: パスワードを入力せずにWindows10に自動ログインする方法

#1st method using User accounts

Windows11の設定を開く

Windows 11のいずれかで、検索ボックスの種類 Settings 同じアイコンが表示されたら開くか、単に Win+I キーボードで。 その後選択 Accounts その後 Sign-In with Options.

グレー表示の切り替えボタンWindowsHelloの歌唱を許可する

デフォルトでは、PINを設定していない場合(Windows Hello)、–の前にあるトグルボタン For improved Security, only allow Windows Hello sign-in for Microsoft accounts on this device (Recommended) グレー表示されます。 したがって、オンにすることはできません。 したがって、最初に有効にするには、Windows 11PCでHelloPinを作成する必要があります。 そのための次のステップに従ってください。

Windows 11でPIN(Windows Hello)を作成する

トグルボタンがある同じ場所で、上にスクロールしてオプションを選択します Pin (Windows Hello) sing in with a pin recommended).

クリックしてください Setup 次に、Windows11のパスワードを入力します。 その後、作成します PIN 設定したいこと。

完了したら close 設定ウィンドウ。

Windows11でPINWindowsHelloを作成する

WindowsHelloサインインをオフにする

再び開く Windows 11 設定- Win+I. Accounts Sign-in option ⇒ クリックしてください Toggle オフにします。

WindowsHelloサインインをオフにする

Windows11でユーザーアカウントを開く

この方法では、ユーザーアカウントコンソールから直接自動ログインを設定できるため、Windowsレジストリをいじる必要はありません。

押すだけ Win+Rキーボードでsを開いて RUN

[実行]ダイアログで、コマンドを入力します netplwiz.

ユーザーアカウントを開くコマンド

ユーザーがパスワードなしでログインできるようにする

作成およびアクティブ化されたすべて User Accounts これまでのところ、Windows11で利用可能なものが表示されます。 今、 uncheck のために与えられたボックス User must enter a user name and password to use this computer. 次に、をクリックします Apply

Windows11ユーザーがパスワードなしでログインできるようにする

HelloPINを削除する

また、使用したくない場合は、システムに設定したHelloPinを削除してください。 Windows設定に移動- Win +I 次に、 Account, click the PIN (Windows Hello)をクリックして、 Remove

Pin WindowsHelloを削除します

この時点で、ユーザーのWindows11での自動ログインが正常に設定されました。 これで、システムを再起動するたびに、ログインするためにシステムパスワードを要求されることはありません。

#2nd method using Registry

レジストリを介してWindows11の自動ログインを構成する

上記の方法は実行されますが、バックグラウンドでレジストリを介して手動で実行することもできます。 次のメソッドには1つしかありません small 欠点:ユーザーパスワードはWindowsレジストリデータベースにプレーンテキストで保存されるため、理論的には誰でも表示できます。 それが問題ではない場合は、レジストリに次の値がまだ存在しない場合にのみ、変更または作成する必要があります。

ステップ1: 押す 勝つ + R と入力します regedit 指図。

ステップ2: ナビゲートまたはディレクトリで、指定されたパスを入力します。

ComputerHKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftWindows NTCurrentVersionWinlogon

ステップ3: 新しいエントリを作成します。 空白のどこかを右クリックして[新規]を選択し、 DWORD (32-bit) 価値。 値の名前を次のように変更します AutoAdminLogon

Windows11でレジストリEnteryを作成する

自動管理ログオン登録設定

ステップ4: 同じように、別のものを作成します String Value。 右クリックして、 String Value。 作成した値の名前を指定どおりに変更します。

 DefaultUserName

それをダブルクリックして、システムユーザー名を入力します。

文字列値を作成する

デフォルトのユーザー名

ステップ6: もう一度作成します String Value 現在のユーザーのパスワードを保存します。

DefaultPassword

In the end, you have three new values. Close the registry and restart your computer to log in without a password on Windows 11.

デフォルトのログイン自動

Windows11で自動ログインを無効にする

将来、システムでシステムパスワードを再度要求する場合は、を介してユーザーアカウント管理を再度開きます。 netplwiz フィールドをアクティブにします ユーザーはユーザー名とパスワードを入力する必要があります 、または上記のレジストリエントリを設定します AutoAdminLogon 値に 0. Immediately after the next start, a password is required again.

したがって、これらは、ユーザーアカウントまたはレジストリを使用してWindows11の自動ログイン機能をオンまたは無効にする2つの簡単な方法でした。